副業にデメリットはあるのかということですが、まず確実に儲かるというわけではないということがあります。
要するに損をするということです。

どうして副業をするのか、といえばそれは当然、稼ぐことができるからでありね少しでも収入を増やすことに重要なところがあるわけですがせっかく副業をしたとしても必ずしもプラスになるというわけではないという部分があります。

これが副業のデメリットであるとはいえるわけですが、別にどのような商売を始めようとする場合にもあることですし、あるいは副業の種類を選び抜くということによって初期投資がほとんどかからないようなものを始めるという方向性で頑張れるやり方もあります。

もう一つ副業のデメリットとしてあるのが本業に差し障りが出てきてしまうということです。そのあたりをバランスよくやることができるのであればほとんど問題はないのですが副業の方に力を入れすぎて本業の方をおろそかにしてしまうということも可能性としてはあります。

人によって違うことではありますが副業は意外と楽しいのです。
多くの場合やればやるほどそれなりにリターンがあるような副業を選ぶことが多いですし、本業のように大きな責任がかかってくるということでもなかったりするので気軽にやれる部分が多いです。

そこが副業のメリットとも言えることにはなるのですがそれで本業がおろそかになってしまっては意味がないのでその点をよく注意した上で、自覚してやるようにしましょう。
もう一つのデメリットとしてあるのが税金の申告などをする必要性が出てくるということです。
利益が20万円以下であれば必要ないということになっています。
ですから必ず税金の申告をしなければならないというわけではないです。

その点を踏まえてまずは副業をする時には20万円を一つの区切りとして考えておくと良いでしょう。
しかし、その後、どうするべきか、という問題はあります。

とりあえずそれを超えてしまったのであれば必ず申告はしなければならないわけですが会社によっては副業禁止というところも多かったりするのでそこがかなりのネックな部分にはなります。

そういう時にはどうしたらよいのかというやり方、対策というのはいくつかあります。しかしまずは20万円を超えるような副業を手に入れる、達成する、ということに力を尽くした方が良いでしょう。それからのことはそれからでも問題はないといってもよいでしょう。