2021年にヒットする可能性がある仮想通貨について説明をします。これら仮想通貨は副業でお小遣い程度の価格から購入可能とする通貨を主に扱います。では、ヒットする可能性がある仮想通貨を紹介しますが、まず最初に紹介する仮想通貨は、「エンジンコイン」です。この仮想通貨の誕生は2009年になりますが、元々はオンラインゲーム上で使用する厳禁として生まれた仮想通貨です。

その為、該当するオンラインゲーム上でしか価値を見出せず、草コインと言う現金と比較すると価値のない通貨として流通していました。ですが、2021年現在においては、自粛生活期間も相まって自宅でオンラインゲームをプレイするという需要が伸びたが故爆発的に価値が見いだされている通貨です。

他にもベーシックアテンショントークンという通貨がありまして、この仮想通貨も2018年から爆発的に価値が見いだされた通貨です。というのもこの通貨の売りは、取引時間の短さが挙げられており、ネットワークのブラウザエンジンで最も早いと言われているgoole並みの演算処理をすることが出来、短時間で取引成立させることが出来るということで注目を浴びたのです。

逆を返せば、その他の仮想通貨が如何に仮想通貨取引で時間を必要としているかが分かる側面でもあるわけです。他には、ステラルーメンという仮想通貨もあるとき急激に有名になった通貨です。これはイスラム圏において高い安全性が確立された通貨であるとされており、紛争地帯においては所有者となる人物の口座のお金が凍結されるという問題がありました。

その為、イスラムでは自由に自分が所有しているお金を引き出すことのみにおいて利点があるステラルーメンという仮想通貨が伸びたのです。もちろん、ステラ―ルーメンはただの銀行口座では終わらず、高いセキュリティと早い演算速度を行使することで仮想通貨取引においても処理速度が速い通貨として認知され始めたのです。その為、現在ではイスラム圏ではこのステラ自体が通貨として使用されており、貨幣としての実績があるが故値段が上昇しているわけです。

以上がこれからヒットするであろう仮想通貨群になりますが、これら仮想通貨群は元々は小さな仮想通貨の一部で、生まれた当初は強みこそありましたが伸び悩んでいた通貨なのです。しかし、時代が変化し、情勢が悪くなったり、危険な状況下にある国においては安全な資産として機能するなどの付加価値が生まれ2021年現在においては現金よりも安全な資産にとってかわったのです。